小林多喜二を通販で探してる?

            



価格:4,590円 新品の出品: 中古品の出品:299円
コレクター商品の出品:250円
カスタマーレビュー
結婚、家族、愛、信仰、そして死−−。明治初め、東北の寒村に生まれた小林多喜二の母、キリスト信者であったセキの波乱に富んだ一生を描く、書下し長編小説。構想十年。三浦文学の集大成。
母 (角川文庫)

価格:518円 新品の出品:518円 中古品の出品:43円
コレクター商品の出品:2,020円
カスタマーレビュー
明治初め、東北の寒村に生まれた小林多喜二の母セキ。大らかな心で多喜二の「理想」を見守り、人を信じ、愛し、懸命に生き抜いたセキの、波乱に富んだ一生を描く。感動の長編小説。(久保田暁一)
母 (角川文庫)

価格:1,836円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:7,400円
カスタマーレビュー
「わだしは小説を書くことが、あんなにおっかないことだとは思ってもみなかった。あの多喜二が小説書いて殺されるなんて……」明治初頭、十七歳で結婚。小樽湾の岸壁に立つ小さなパン屋を営み、病弱の夫を支え、六人の子を育てた母セキ。貧しくとも明るかった小林家に暗い影がさしたのは、次男多喜二の反戦小説「蟹工船」が大きな評判になってからだ。大らかな心で、多喜二の「理想」を見守り、人を信じ、愛し、懸命に生きたセキの、波乱に富んだ一生を描く感動の長編。
三浦綾子 電子全集 母

価格:1,836円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:2,250円
カスタマーレビュー
『蟹工船』の著者・小林多喜二の母・セツの波乱に富んだ生涯を描いた伝記小説。秋田の貧しい家に生まれたセキは、農家の小林家に嫁ぐが、長男の死を機に北海道小樽に一家で渡り、パン屋を経営する。伯父の援助で進学した次男の多喜二は、卒業後、銀行に勤め、家計を支えるようになるが、反国家権力の小説により、何度か投獄され、そしてついには・・・。プロレタリア文学で後生に名を残した『蟹工船』の著者・小林多喜二と、その母・セツの波乱に富んだ生涯を描いた伝記小説。「三浦綾子電子全集」付録として、「母」を元にした舞台上演への寄稿文、夫・三浦光世氏による「創作秘話」、愛用のパーキンソン病患者用の椅子写真を収録!
蟹工船

価格:4,104円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:1,500円
カスタマーレビュー
日本のプロレタリア文学の代表的な作家である小林多喜二による最も著名な小説。初出は「戦旗」[1929(昭和4)年]。蟹工船の内部で、酷薄な労働条件に苦しむ労働者群が、集団として自覚し団結、闘争に立ち上がるまでを描く。プロレタリア文学の金字塔として、複数の言語に翻訳されるなど国際的評価も高い。
絶対読むべき日本の名作 蟹工船

価格:1,620円 新品の出品: 中古品の出品:730円
コレクター商品の出品:780円
カスタマーレビュー
虐げられる労働者たちの闘争を描くプロレタリア文学の代表作船でもなく、工場でもない――「蟹工船」。戦前、オホーツク海上で行われた「たらば蟹」の加工設備を備えた漁船。そこは、航海法や工場法に適用されず、さらには労働法規もない。まさに海上に浮かぶ過酷な労働の場だった。劣悪な環境の中、監督による暴力・虐待、過労や病気で次々と倒れてしまう。労働者はやがて権利意識に目覚めてゆく――。本作は、小林多喜二によって描かれた小説であり、プロレタリア文学の代表作のひとつです。また、国際的な評価も非常に高く、複数の言語に翻訳されている作品です。
蟹工船

価格:864円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:450円
カスタマーレビュー
原本出版年:1930 原本出版者:戦旗社本電子書籍は、国立国会図書館が所蔵し、インターネット上に公開している資料で、著作権保護期間が満了したタイトルの画像データを、kindle本として最適化し制作したものです。kindle本を制作するにあたり、原本からの修正を最小限の処理にとどめております。そのため、古書特有のきず、汚れなどもそのままページに残っている場合がございます。あらかじめご了承くださいますようお願い致します。kindle本の内容は、無料サンプルをダウンロードしてご確認いただけます。
小林多喜二 蟹工船

価格:1,404円 新品の出品:1,404円 中古品の出品:400円
コレクター商品の出品:1,799円
カスタマーレビュー
日本のプロレタリア文学運動を代表する作家、小林多喜二の代表作。 --このテキストは、オンデマンド (ペーパーバック)版に関連付けられています。
蟹工船

価格:3,456円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:2,000円
カスタマーレビュー
想像を絶する過酷な労働環境。監督の浅川は労働者たちを使い捨てにする。生きながら少しづつ死んでいく。ワーキングプアの状況は現代にも似ている。果たして労働者たちはどうするのか……。小林多喜二の名作文学。
蟹工船

価格:1,296円 新品の出品: 中古品の出品:1,669円
コレクター商品の出品:550円
カスタマーレビュー
原本出版年:1929 原本出版者:戦旗社本電子書籍は、国立国会図書館が所蔵し、インターネット上に公開している資料で、著作権保護期間が満了したタイトルの画像データを、kindle本として最適化し制作したものです。kindle本を制作するにあたり、原本からの修正を最小限の処理にとどめております。そのため、古書特有のきず、汚れなどもそのままページに残っている場合がございます。あらかじめご了承くださいますようお願い致します。kindle本の内容は、無料サンプルをダウンロードしてご確認いただけます。